サプリにも含まれるビタミン全13種類と特徴徹底まとめ!

 

サプリの表示成分を見ると、必ずと言っていいほどビタミンの名前があります。
メイン成分としてのビタミンサプリも有名ですが、疲れ目対策用のサプリにも多く含まれています。

 

 

ビタミンの種類は全部で13種類!

 

ビタミンは全部で13種類あります。これを大きく2つに分けると、

  • 水溶性ビタミン 9種類
  • 脂溶性ビタミン 4種類

 

となります。
水溶性ビタミンとは読んで字のごとく水に溶ける性質のあるビタミンです。それとは逆に脂溶性は脂で溶けるビタミンです。

 

水溶性ビタミン

 

水に溶けやすく、熱に弱いため食品などから摂る場合は加熱調理しない方が摂取効率が良い。ただし必要以上に摂取しても余計な分は排出されてしまう。

 

脂溶性ビタミン

 

油と馴染むので、油分のあるものと摂ると摂取効率が良い。水溶性と違って、熱に強く、体の中に留まりやすいので過剰摂取に注意。

 

水溶性ビタミン全9種類の特徴と多く含む食べ物まとめ!

 

ビタミンB1 糖質の代謝に必要不可欠なビタミン!

 

ビタミンB1は糖質がエネルギーになる時にとても大切な成分です。糖質がエネルギーに変わる過程は複雑ですが、ビタミンB1はその中でスムーズなエネルギー産生に役立っています。

 

逆にビタミンB1が不足すると食欲が減ったり、疲労が溜まりやすくなります。
これは糖質の代謝やエネルギーの産生がうまくいかず、体の中に疲労物質がたまってしまうためと考えられています。

 

疲れやすい人はビタミンB1を摂るのもいいですね。

 

ビタミンB1を多く含む食べ物

豆類、穀類の胚芽、豚肉、玄米

 

ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康維持のためのビタミン!

 

ビタミンと聞くと、柑橘系のフルーツがパッと連想されますが、このビタミンB2は牛乳や乳製品に多く含まれるエネルギー代謝に必要なビタミンです。

 

ビタミンB2は皮膚や粘膜を健康的に保つためのビタミンで、不足すると口内炎ができやすかったり、目の充血や結膜炎など粘膜面にトラブルが発生しやすくなります。

 

3大栄養素と呼ばれる人間に取って必須である成分「糖質・脂質・タンぱく質」がスムーズにエネルギーになるためにビタミンB2は働いています。

 

ビタミンB2を多く含む食べ物

牛乳、乳製品、レバー、うなぎ、卵、納豆、葉っぱ系の野菜など

 

ビタミンB6は貧血や肌荒れを防いでくれる!

 

 

ビタミンB6は3大栄養素のうちの一つたんぱく質の補酵素として体内で働いています。筋肉や血液を作る時に活躍するビタミンで、あわせて皮膚や粘膜の健康維持のためのビタミンでもあります。

 

ビタミンB6は腸の中の細菌が作ってくれる成分でもあるので、欠乏することはあまりないとされています。ただ腸内環境が悪くなることでその合成が低下し、欠乏症を起こすこともあるようです。

 

また鬱やイライラなどに対しても効果を発揮する体にも心にも優しいビタミンです。

 

ビタミンB6を多く含む食べ物

カツオ、マグロ、バナナ、レバーなど

 

ビタミンB12は貧血を防ぎ、脳や神経を正常に保つ!

 

ビタミンB12は赤血球の中のヘモグロビンを作り出すサポート役で、葉酸とともにその役割を担っています。ビタミンB12と葉酸のどちらかが不足すると、正常な赤血球が作られなくなってしまい、貧血の症状を引き起こすことも・・。

 

ビタミンB12は過剰に摂取したとしても排出される水溶性ビタミンです。

 

ビタミンB12を多く含む食べ物

 

レバー、あさり、牡蠣、さんま、イワシ

 

ビタミンCは皮膚・血管を健康てきに保つ抗酸化ビタミン!

 

ビタミンCは健康に欠かせない成分です。皮膚、血管の働きを正常に保ち、免疫力を高めるなど重要な働きをします。動脈硬化、心臓の疾患などの予防にも役立ち積極的に摂っていきたいビタミンのひとつです。

 

ビタミンCが不足した場合、疲れやすくなったり、免疫力が弱くなり風邪などにかかりやすくなります。またストレスを受けた時にもこのビタミンCが体内で消費されるので、ストレスを常に抱えている人はビタミンCをとるのもオススメです。

 

ビタミンCを多く含む食べ物

柑橘類、イチゴ、野菜、芋

 

パントテン酸はエネルギーの代謝に効くビタミン!

 

パントテン酸は、糖質・脂質・たんぱく質の代謝とエネルギーを作り出すサポートをしてくれる水溶性ビタミンです。ホルモンや免疫などにも関わる大事な成分でもあるため、不足するとめまいや手の痺れ、不眠症などの症状が出ることがあります。

 

とはいえ、野菜や果物、肉、魚などほとんどの食べ物に含まれている成分なので食事で大きく不足することはありません。

 

パントテン酸を多く含む食べ物

 

鶏、レバー、アボカド、魚介類

 

 

葉酸は血を作るのに欠かせない造血ビタミン!

 

葉酸はその名前にもあるように、緑黄色野菜などに多く含まれ、特にほうれん草、ブロッコリーが豊富に含まれる成分です。

 

新しい赤血球を作り出す時に必要な上に、DNAの形成にも関わる重要なビタミンです。妊婦さんが葉酸を摂ることで胎児が正常に発育することもよく知られています。

 

葉酸が不足した場合は、皮膚炎や肌荒れトラブルが発生しやすくなります。

 

葉酸を多く含む食べ物

 

ほうれん草、ブロッコリー、菜の花、アボカド、レバー、モロヘイヤ、枝豆

 

 

脂溶性ビタミン全4種類の特徴と多く含む食べ物まとめ!

 

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康と目にも優しいビタミン!

 

 

ビタミンAは喉や鼻の粘膜の保護にも役立つので感染症の予防にも役立っています。また目が視るために必要とされるロドプシンという成分の元となり、疲れ目にアントシアニンと一緒にとると効果的とされています。

 

ビタミンAが不足すると、風邪をひきやすくなったり、暗い場所で目が見えにくくなったりします。

 

ビタミンAを多く含む食べ物

 

レバー、うなぎ、バター、チーズ、緑黄色野菜、卵

 

 

ビタミンDは丈夫な骨や歯を作るためのビタミン!

 

ビタミンDはカルシウムの吸収を高めてくれるビタミンです。カルシウムは骨はもちろんですが、歯の健康にも必要な成分で、これが不足すると骨粗しょう症など骨を健康的に保つことができなくなります。

 

ビタミンDは、太陽の光を浴びることで体の中でも作り出せるビタミンですので、デスクワーク中心で室内にいることが多い人は、できるだけ太陽の光を浴びることが望ましいです。

 

ビタミンDを多く含む食べ物

イワシ、鮭、うなぎ、しらす、卵、キノコ類

 

ビタミンEはアンチエイジングに効果的な成分!

 

ビタミンEは細胞の酸化を防ぐ効果があることから、アンチエイジングのビタミンや若返りのビタミンとも呼ばれることもあります。

 

ビタミンEの強い抗酸化作用は、身体に有害な活性酸素を取り除く作用があり、例えば血液中であれば動脈硬化、心臓であれば心筋梗塞などの予防が期待できます。

 

ビタミンEが不足した場合は、生活習慣病のリスクが高まります。

 

ビタミンEを多く含む食べ物

 

ナッツ類、うなぎ、アボカド、かぼちゃ、植物油など

 

 

ビタミンKは出血をとめたり、健康な骨のためのビタミン!

 

ビタミンKはけがをして血が出たときに出血を止める為の酵素の成分として働きます。イメージとしてはかさぶたの材料といったところでしょうか。

 

またカルシウムが骨を強くするときにも関わる成分です。骨の沈着を促し丈夫な骨を作ってくれます。

 

ビタミンKを多く含む食べ物

 

納豆、ほうれん草、小松菜、緑黄色野菜など

 

>>ブルーベリーサプリの選び方と【徹底おすすめランキング】<<

関連ページ

サプリに頼りすぎないために知っておきたい3大栄養素って!?-ブルーベリーサプリ博士
サプリメントはあくまで栄養を補助するための食品です。食事から栄養素を摂ることが前提ですが、その食事で摂るべき最重要な栄養素である3大栄養素について紹介しています。
ブルーベリーサプリ選びのポイントは商品+企業姿勢の両方を見ること!-ブルーベリーサプリ博士
サプリ選びではキャッチコピーだけに惑わされずに、その商品自体、そして企業姿勢がどうなのか?を見ることで安心・安全で信頼できるサプリを選ぶことに繋がります。ここではそのポイントをまとめました。
ブルーベリーサプリを選ぶならGMP認定が安心!【認定サプリ一覧】-ブルーベリーサプリ博士
ブルーベリーサプリの信頼性・安全性の証でもあるGMP認定。ここではGMP認定とは何なのか?また認定工場で製造されたサプリを一覧表にまとめました。
ブルーベリーサプリにも含まれるミネラルの種類と役割-ブルーベリーサプリ博士
サプリにもよく含まれるのがミネラル成分です。ミネラルといっても実はたくさんの大事な成分がこまかく分かれています。ここではミネラルの重要性とそれぞれの働きについてまとめました、
ブルーベリーサプリは子供が飲んでも大丈夫!?注意書きまとめ-ブルーベリーサプリ博士
ブルーベリーサプリを子供が飲んでも大丈夫なのかと心配される方も多くいます。ここでは各サプリの子供の服用に関する注意書きを調べてまとめました。
妊娠中・授乳中にブルーベリーサプリを飲んでも大丈夫??-ブルーベリーサプリ博士
妊娠中や授乳中は体のバランスが大きく変化する時期です。ここではブルーベリーサプリの妊娠前後の服用に関する注意書きをもとに飲んでも大丈夫なのかを調べてみました。
ブルーベリーサプリはいつ飲むのが効果的!?各メーカー見解まとめ!
ブルーベリーサプリをいつ飲むのが効果的なのか?どんなタイミングがより実感できるのか?はとても気になるところです。ここでは各メーカーの見解を調べ、そこから共通する4つのことをまとめました!
ブルーベリーサプリは効果がない?効くサプリの条件とは?
ブルーベリーサプリに限らずサプリは人によって効果の実感具合が変わります。ここではそんなサプリの効果に影響を与える条件について紹介しています。
知っておきたい!ブルーベリーサプリの商品表示のチェック方法とは??-ブルーベリーサプリ博士
サプリには法律で決められた成分表示のルールがあります。このルールをしっておくことで、どんなサプリなのかの理解が深ります。ここではそんな栄養成分表示のルールをまとめました。
サプリのトクホ・機能性表示食品・栄養機能食品の違いは??-ブルーベリーサプリ博士
サプリメントをはじめとする食品の中には、トクホや機能性表示食品、栄養機能食品といった表示がついたものがあります。ここでは3つの表示について簡単にまとめてみました。
ブルーベリーサプリは目のクマにも効果あり?即効性を求めるならアレが一番!-ブルーベリーサプリ博士
ブルーベリーサプリは目のクマにも効果がある?効果がない??目の下にクマができる3つの原因から実際のところどうなのかまとめました。
ブルーベリーサプリで頭痛解消は無理?眼精疲労と頭痛は市販薬が効果的!
慢性的な目の疲れは眼精疲労につながり、肩こり、頭痛を引き起こします。ここではその原因と対策からおすすめの市販薬をまとめました。
サプリのソフトカプセルとハードカプセル・錠剤の違いを比較!-ブルーベリーサプリ博士
サプリメントにはいくつかの形状があります。カプセルタイプ、錠剤タイプなどそれぞれの特徴と添加物についてまとめました。
歯科医師の目の疲れの原因はコレ!疲れ目ケアにおすすめの対策4選!-ブルーベリーサプリ博士
歯科医師は歯や根管といった小さな対象物を診ながら治療を進めていきます。そのためピント調節機能を酷使しがちです。ここではかすみ、ぼやけ、ピントフリーズなどのおすすめの対策をまとめました。