サプリメントの品質管理や基準の認定制度を徹底リサーチ!それぞれの特徴は?

 

サプリメントには、その品質管理などにおいて、いろいろな認定制度があります。ここではそんなサプリメントの認定制度にどんなものがあるのか調べてまとめました。

 

GMP認定

サプリメントではよく見かけるGMP認定。GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、サプリの原材料の仕入れから、製造、出荷までの工程を一定の品質が保たれた安心安全のための規範とされています。

 

この認定を取得していることでより安心安全なサプリメントであるといえます。

 

>>GMP認定ブルーベリーサプリ一覧はこちら

 

ISO22000(食品安全管理を実践するためのマネジメントシステム規格)

 

ISOは国際規格、国際的に定められた基準ですが、ISO22000は食べ物の安全を保つための品質管理およびそれを実際に実践するための工程などマネジメントに対する規格です。

 

HACCP(ハサップ)

HACCPとは、食品を製造したり、加工する工程の中で微生物などが入りこむリスクに対して、それぞれの工程での対策を定め、その対策をしっかりと実行できているかどうかを監視することで製品の安全を確保する衛生 管理の手法です。

 

GAP

GAPとは、Good Agricultural Practiceの略で日本語では、農業生産工程管理と呼ばれます。サプリメントの原材料に使用される、農作物においてその食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組のことです。

 

 

以上のような認定があります。これらの認定取得にはもちろん手続きや認定取得費用等もかかるものがほとんどです。

 

安心・安全に関するコストをどれだけかけているか??ということはサプリの販売メーカーさんの消費者への真摯な姿勢が見えます。

 

こういった点はサプリのように継続して飲んでいくということを考えると、サプリ選びにおいて重要な要素です。